フットサル審判のポイント
ブザービーター
【新ルール】俗に言うブザービーターは無得点、ブザー優先。審判のみの場合は笛の後の点は無効。

キックオフ
【新ルール】キックオフがサッカーと同様となり、キックオフを後方に蹴ってもOKとなりました。
  キックオフを行う選手以外は、自陣にいなければいけません。
・改正前はキックオフから直接得点することができませんでしたが、得点できるようになりました。
審判のポジショニング図 1(必須)

キックイン
【新ルール】ボールはライン上、軸足位置のファールはなくなりました。
・相手競技者を5m離す
・ボールは静止していなければならない
・4秒を超えた場合 → 相手ボールのキックイン
・ボールがピッチに入らなかった場合 → 相手ボールのキックイン
・キックインから直接得点することは出来ない → ゴールクリアランスで再開
審判のポジショニング図 2-1、2-2(必須)

コーナーキック
・相手競技者を5m離す
・4秒を超えた場合 → 相手ボールのゴールクリアランスで再開
審判のポジショニング図 3-1、3-2(必須)

ゴールクリアランス
・4秒を超えた場合 → ペナルティライン上から相手ボールの間接フリーキックで再開
・ペナルティラインを超えた場合
  誤 (ハンド) → 違反の起きた場所からの直接フリーキックで再開
  正 ゴールクリアランス不成立のためやり直し(4秒のカウントは続きから )
   まだインプレーになっていないのでやり直しです。
   (イメージはサッカーのゴールキックをペナルティエリア内で受けたとき?旧ルール)
   インプレー 中はハンドです。(ゴールクリアランスのときのみ)
・センターラインを直接超えた場合(Uー15ルール) → センターライン上から相手ボールの間接フリーキックで再開
審判のポジショニング図 4(必須)

フリーキック
・相手競技者を5m離す
・ボールは静止していなければならない
・4秒を超えた場合 → 相手ボールの間接フリーキックで再開
審判のポジショニング図 5

ペナルティキック
・4秒ルールなし
審判のポジショニング図 6(必須)
攻撃側の違反 ゴールに入った キックやり直し
ゴールに入らなかった 間接フリーキック
きっかーが後ろに
キックする
ゴールに入った 間接フリーキック
ゴールに入らなかった 間接フリーキック
特定されない
競技者によるキック
ゴールに入った 間接フリーキック
警告
ゴールに入らなかった 間接フリーキック
警告
守備側の違反 ゴールに入った ゴールを認める
ゴールに入らなかった キックやり直し
両チームの違反 ゴールに入った キックやり直し
ゴールに入らなかった キックやり直し

 勝者を決めるためのペナルティキック
 ・審判のポジショニング図 7(必須)

その他の4秒ルール
・自陣でのGKのプレー → 相手ボールの間接フリーキックで再開

その他のUー15ルール
ゴールクリアランス以外でもGKのプレーしたボールが直接センターラインを超えた場合
  → センターライン上から相手ボールの間接フリーキックで再開
GKへのバックパス(リターンパスと言うらしい
 ・インプレー中でも、ゴールクリアランスからでも、
  GKはボールをパスした後、相手競技者によってプレーされた後でなければ、味方競技者からパスを受けられない。
 *例外は相手コート内
   → 相手ボールの間接フリーキックで再開

ゴールにならないこと まとめ
・キックイン → ゴールクリアランスで再開
・GKの手や腕からのプレー → ゴールクリアランスで再開
・間接フリ−キックが直接入った場合 → ゴールクリアランスで再開
・コーナーキックが自分のゴールに直接入る → コーナーキックで再開

他に第2ペナルティマークからのキック・累積ファールなどがあります。


ペナルティエリア内のファールの再開方法。
守備側のファール
 直接FKとなるファール→PKです。
 間接FKとなるファール→違反の起きた場所からタッチラインと平行に最も近い場所の
 ペナルティライン上からの間接FKとなります。
この時守備側チームはボールから5m以上離れたところで壁を作れます。

攻撃側のファール
 直接・間接ともペナルティエリア内の任意の場所からの再開となります。
 守備側チームのFKはペナルティエリアの中から蹴っても良いとなります。
この時全ての競技者はボールから5m以上離れ、かつペナルティエリアの外にいなければなりま
せん。ボールは蹴られてペナルティエリアの外に出た時にインプレーとなります。



トップへ
トップへ
戻る
戻る